美しく綺麗に、そして可愛くなりたいおしゃれな女性のために。ガーリー&フェミニン、スウィート&ロマンティック、量産型&地雷系のトレンドファッションアイテムはガーリースタイルで。

 

ファッションカラーと色の配色

目次

ファッションカラーと色の配色

目次


色の三属性

まずは色の基本からです。

色を作ったり変更を加えたりするときには
  • 色相(色合い)
  • 明度(明るさ)
  • 彩度(鮮やかさ)
を触ったり考えたりして、色を作っていきます。

色相
色相とは、色そのもののことです。
中でも黒と白のモノクロ以外の、色が付いた色のことを言います。


色相の種類は、
  • PCCS色相環
  • マンセル色相環
  • オストワルト色相環
  • イッテン色相環
  • HUE/360色相環
  • Paletton色相環
  • Adobe Color CC色相環
などがあります。

ここでは一番有名なPCCS色相環を見ていきます。

PCCSとは
PCCS(Practical Color Co-ordinate System)とは、日本色研配色体系のことで、色を表す方法として「色相」「明度」「彩度」の三属性と、「明度」と「彩度」を融合した「トーン(色調)」という方法を採用しています。

「色相」と「トーン」によって体系化されたカラーシステムは、PCCSの大きな特徴となっており、このシステムを「ヒュートーンシステム」と言います。

PCCS色相環
各色相環は、それぞれ使われる色や数は変わってきますが、PCCS色相環は以下の24色になります。

この24色は後に書いていますビビッドカラー(純色)になります。このビビッドカラーを基準に明度を変えたり彩度を変えたりしていきます



明度
右に行く方が明度が高くなります。
どの色も、明度を最大に上げると白になり、明度を最小まで下げると黒になります

白黒の明度

赤色の明度

青色の明度

彩度
右にいく方が彩度が高くなります。
彩度を最小まで下げるとどの色も灰色になります
赤色の彩度

緑色の彩度

青色の彩度

有彩色と無彩色


有彩色
有彩色とは、色身がある色のことです。
赤や青や緑、黄色や紫などが有彩色です。


無彩色
無彩色とは、色味がない色のことです。
黒やグレーや白がそれに当たります。


カラートーン


カラートーンの概要
カラートーンとは、色の色調のことです。
カラートーンは色の濃さによってまとめられてそれぞれ名前が付けられており、以下の12種類の有彩色に分けられます。
記載のアルファベットは略語で、後に詳しく書いています。




W

ltGy

mGy

dkGy

Bk


p

ltg

g

dg


lt

sf

d

dk


b

s

dp


v





無彩色トーン
ホワイト(W)
白色のことです。
白色は、「清潔な」「純白な」「冷たい」「新鮮な」「シックな」などのイメージを与えます。


ライトグレイ(ltGy)
明るい灰色のことです。


ミディアムグレイ(mGy)
灰色のことです。
灰色は、「スモーキーな」「しゃれた」「寂しい」などのイメージを与えます。


ダークグレイ(dkGy)
暗い灰色のことです。


ブラック(Bk)
黒色のことです。
黒色は、「高級な」「フォーマルな」「シックな」「締まった」「ゴシックな」などのイメージを与えます。


有彩色トーン
ビビッド(v)
ビビッド(vivid)は、「さえた」「鮮やかな」「派手な」「生き生きとした」などのイメージを与えます。
ビビッドは最も彩度が高い色相環になり、純色とも呼ばれます。
このビビッドカラーを基準に明度や彩度を変更すると、後述の色相環のようになります。このビビッドカラーの色相環のみ基本24色で表され、他の色相環は12色で表されます。


ビビッドの色名は「v」で表し、左上から
v1, v2, v3, v4, v5, v6
v7, v8, v9, v10, v11, v12
v13, v14, v15, v16, v17, v18
v19, v20, v21, v22, v23, v24
のようにそれぞれ名前が付いています。

ストロング(s)
ストロング(strong)は、「強い」「くどい」「動的な」「情熱的な」などのイメージを与えます。
ストロングは、ビビッドから少し彩度を落とした色相環になります。

ストロングの色名は「s」で表し、左上から
s2, s4, s6, s8, s10, s12
s14, s16, s18, s20, s22, s24
のようにそれぞれ名前が付いています。

ブライト(b)
ブライト(bright)は、「明るい」「健康的な」「陽気な」「華やかな」などのイメージを与えます。
ブライトは、ストロングから明度を上げた色相環になります。

ブライトの色名は「b」で表し、左上から
b2, b4, b6, b8, b10, b12
b14, b16, b18, b20, b22, b24
のようにそれぞれ名前が付いています。

ディープ(dp)
ディープ(deep)は、「濃い」「深い」「充実した」「伝統的な」「和風な」などのイメージを与えます。
ディープは、ストロングから明度を下げた色相環になります。

ディープの色名は「dp」で表し、左上から
dp2, dp4, dp6, dp8, dp10, dp12
dp14, dp16, dp18, dp20, dp22, dp24
のようにそれぞれ名前が付いています。

ライト(lt)
ライト(light)は、「浅い」「澄んだ」「子どもっぽい」「爽やかな」「楽しい」などのイメージを与えます。
ライトは、ブライトから明度を上げ、彩度を下げた色相環になります。

ライトの色名は「lt」で表し、左上から
lt2, lt4, lt6, lt8, lt10, lt12
lt14, lt16, lt18, lt20, lt22, lt24
のようにそれぞれ名前が付いています。

ソフト(sf)
ソフト(sf)は、「柔らかい」「穏やかな」「ぼんやりした」などのイメージを与えます。
ソフトは、ライトから明度を下げた色相環になります。

ソフトの色名は「sf」で表し、左上から
sf2, sf4, sf6, sf8, sf10, sf12
sf14, sf16, sf18, sf20, sf22, sf24
のようにそれぞれ名前が付いています。

ダル(d)
ダル(dull)は、「鈍い」「くすんだ」などのイメージを与えます。
ダルは、ソフトから明度を下げた色相環になります。

ダルの色名は「d」で表し、左上から
d2, d4, d6, d8, d10, d12
d14, d16, d18, d20, d22, d24
のようにそれぞれ名前が付いています。

ダーク(dk)
ダーク(dark)は、「暗い」「大人っぽい」「丈夫な」「円熟した」などのイメージを与えます。
ダークは、ダルから明度を下げた色相環になります。

ダークの色名は「dk」で表し、左上から
dk2, dk4, dk6, dk8, dk10, dk12
dk14, dk16, dk18, dk20, dk22, dk24
のようにそれぞれ名前が付いています。

ペール(p)
ペール(pale)は、「薄い」「軽い」「あっさりした」「弱い」「優しい」「淡い」「可愛い」などのイメージを与えます。
ペールは、ライトから彩度を下げた色相環になります。

ペールの色名は「b」で表し、左上から
p2, p4, p6, p8, p10, p12
p14, p16, p18, p20, p22, p24
のようにそれぞれ名前が付いています。

ライトグレイッシュ(ltg)
ライトグレイッシュ(light grayish)は、「明るい灰みの」「落ち着いた」「渋い」「大人しい」などのイメージを与えます。
ライトグレイッシュは、ペールから明度を下げた色相環になります。

ライトグレイッシュの色名は「ltg」で表し、左上から
ltg2, ltg4, ltg6, ltg8, ltg10, ltg12
ltg14, ltg16, ltg18, ltg20, ltg22, ltg24
のようにそれぞれ名前が付いています。

グレイッシュ(g)
グレイッシュ(grayish)は、「灰みの」「濁った」「地味な」などのイメージを与えます。
グレイッシュは、ライトグレイッシュから明度を下げた色相環になります。

グレイッシュの色名は「g」で表し、左上から
g2, g4, g6, g8, g10, g12
g14, g16, g18, g20, g22, g24
のようにそれぞれ名前が付いています。

ダークグレイッシュ(dkg)
ダークグレイッシュ(dark grayish)は、「暗い灰みの」「陰気な」「重い」「固い」などのイメージを与えます。
ダークグレイッシュは、グレイッシュから明度を下げた色相環になります。

ダークグレイッシュの色名は「dkg」で表し、左上から
dkg2, dkg4, dkg6, dkg8, dkg10, dkg12
dkg14, dkg16, dkg18, dkg20, dkg22, dkg24
のようにそれぞれ名前が付いています。

色の系統


暖色系
暖色系は、暖かいイメージを与えます。


寒色系
寒色系は、冷たいイメージを与えます。


中性色系
中性色系は二つあります。

黄色〜緑色
暖色系から寒色系の間の中性色です。


青紫〜赤紫
寒色系から暖色系の間の中性色です。



色相配色


色相配色は、色相差を利用して、コーディネートする方法です。
色相の数値に注目して配色していきます。

同一色相配色
上記の色相の中で、同じ数値のみを使った配色です。
明度や彩度のみを変えた同色系統の配色になります。

lt10, d10

lt2, b2

隣接色相配色
色相の数値を1つずらした配色です。
ほぼほぼ同系色ですが、微妙な色味の違いを表現できます。

v13, s12

v21, lt22

類似色相配色
色相の数値を2〜3つずらした配色です。
やや離れた色系統ですが、まだ近い感じがします。

v3, dp6

sf16, dk16

中差色相配色
色相の数値を4〜7つずらした配色です。
だいぶ色みが離れてきました。

d6, dp10

v23, s18

対照色相配色
色相の数値を8〜10ずらした配色です。
ほぼほぼ反対の色系統です。

b6, s14

d14, ltg22

補色色相配色
色相の数値を11か12ずらした配色です。
反対の色系統になります。

p6, dkg14

dk18, v7

トーン配色


トーン配色とは、トーンの関係性を考えてコーディネートする方法です。
色相の数値は特に問わず、トーンに注目して配色していきます。




p

ltg

g

dg


lt

sf

d

dk


b

s

dp


v





同一トーン配色
同色トーン配色は、同じトーンで組み合わせた配色です。
明度と彩度は同じ関係になります。

lt4, lt18

d2, d10

類似トーン配色
類似トーン配色は、隣り合うトーン同士で組み合わせた配色です。
明度と彩度が近い関係になります。

p6, ltg16

d18, dk22

対照トーン配色
明度対照の対照トーン配色
明度が反対になります。

p4, dkg10

dk20, lt22

彩度が対照の対照トーン配色
彩度が反対になります。

v6, ltg2

p18, b6

明度と彩度が対照の対照トーン配色
明度と彩度が共に反対になります。

p14, dp12

b20, dkg8

配色の種類


ドミナントカラー配色
ドミナントとは「支配的な」「優勢な」という意味です。
すなわちドミナントカラー配色は、同じ色の数値で支配するという配色になります。

v14, b14, sf14, dk14

dp4, b4, d4, s4

ドミナントトーン配色
ドミナントとは「支配的な」「優勢な」という意味です。
すなわちドミナントトーン配色は、同じトーンで支配するという配色になります。

b2, b12, b20, b16

lt14, lt6, lt10, lt24

トーンオントーン配色
トーンオントーン配色は、トーンを重ねる配色方法です。
同じ色みの数値で配色する、同一色相配色です。

lt10, d10

lt2, b2

トーンイントーン配色
トーンイントーン配色は、トーンを統一した中で色相を変える配色方法です。
同じトーンで配色する、同一トーン配色です。

lt4, lt18

d2, d10

トーナル配色
中明度、中・低彩度の中間色領域であるダル・ソフト・ライトグレイッシュ・グレイッシュによる配色です。

d8, d18, d20

d8, sf14, g6

カマイユ配色
色相、トーンの差を限りなく近付ける配色です。

p12, ltg12

v8, v7

フォカマイユ配色
カマイユ配色よりも、色相、トーンの差を微妙にずらした配色です。

b20, s22

lt12, p10

ビコロール配色
ピコロールのピは「2」という意味で、コロールは「色」という意味です。
コントラストを効かせた2色の配色です。

v8, Bk

v17, w

トリコロール配色
トリコロールのトリは「3」という意味で、コロールは「色」という意味です。
コントラストを効かせた3色の配色です。

v8, Bk, v2

v17, w, v24

配色イメージ


ダイナミック
赤などの高彩度の暖色系を中心に対照色相や黒などを組み合わせます。


カジュアル
黄色〜橙色の明清色を中心に、対照色相を組み合わせて、高明度、高彩度の色を使います。


ナチュラル
木、土、葉など、自然界にある色を組み合わせます。


シック
グレイッシュな色調を中心に、無彩色を組み合わせます。


エレガント
中明度の紫系を中心に、中〜高明度のグレイッシュなトーンを組み合わせます。


モダン
無彩色を中心に、中〜高彩度の青系を組み合わせます。


ロマンティック
中〜低彩度の暖色系・高明度を組み合わせて作ります。


クリア
中〜低彩度の寒色系・高明度を組み合わせて作ります。