美しく綺麗に、そして可愛くなりたいおしゃれな女性のために。ガーリー&フェミニン、スウィート&ロマンティック、量産型&地雷系のトレンドファッションアイテムはガーリースタイルで。

 

服の生地と素材の違いと織り物と編み物

服の生地と素材の違い

服の生地とは、

  • アクリル
  • アセテート
  • ウール
  • キュプラ
  • コットン
  • シルク
  • トリアセテート
  • ナイロン
  • ポリウレタン
  • ポリエステル
  • ポリプロピレン
  • モダール
  • リネン
  • レーヨン
  • 毛皮
などの素材を◯%ずつ使って、織り物 (テキスタイル) や編み物 (ニット) として細工をされたものを言います。

では、まずは生地を作るための素材から見ていきましょう。

生地の素材


植物繊維

コットン
コットンは、植物繊維の一つです。

コットンは吸水性に優れ、丈夫な性質を持ち、熱に強いという特徴があります。

色を染める際もキレイな発色で染まります。

肌触りが良く、汗を吸収し、通気性も良いため、ルームウェアやキャミソールなどの肌着や下着、ハンカチなど、あらゆる衣類や小物などに、幅広く使われています。

「コットン」を詳しく見る
 
リネン
リネンは、植物繊維の一つです。

リネン (麻) は、ストローのように真ん中に穴が開いている形状のため、非常に通気性が良いという特徴があります。

吸湿性とその水分を発散させる性質があらます。

肌触りはシャリシャリしておりチクチクした感触を伴うこともあるので、あまりインナーには使われません。

接触冷感効果も感じられ、強いコシやハリがあります。

麻はセルロースを主成分としてできています。

シワになりやすいため、トレンド感というよりは、ヴィンテージ感が出やすい素材です。

「リネン」を詳しく見る
 

動物繊維

ウール
ウールは、動物繊維の一つです。

ウールは、羊の毛を加工した繊維です。

繊維が縮れており、伸縮性もあります。

縮れている繊維の隙間に熱を溜め、その熱が保温されることで暖かさを保ってくれます。他にも湿気を吸収しやすい、縮みやすい、虫がつきやすいという特徴もあります。

保温性・断熱性が高いため、冬物の衣服やマフラー、セーター、コート、毛布などに多く使われます

ウール100%と書かれていると天然素材でリッチな気分になりますね。

「ウール」を詳しく見る
 
シルク
シルクは、動物繊維の一つです。

蚕という昆虫が作る繭から取れる繊維です。

保温性、発散性、保湿性に優れているという特徴があります。

他の繊維に比べても特に肌触りが良く、光沢がある素材のため、加工品も高級品として販売されています。

染色性が高く、鮮やかな色を発します

肌触りがいいので、ストールやハンカチ、下着などに使われることが多いです。

「シルク」を詳しく見る
 
毛皮
毛皮は、動物繊維の一つです。



「毛皮」を詳しく見る
 
革は、動物繊維の一つです。



「革」を詳しく見る
 

合成繊維

アクリル
アクリルは、合成繊維の一つです。

アクリルは、ふんわりとして軽さがありウールの代替品として使われることも多いです。

セーターや冬物の衣服や毛布などに広く使われている繊維で、ニットの質感に近いです。

吸湿性や吸水性が低いので汗は吸いませんが、速乾性にすぐれています

そのためカビや害虫に強く、そして発色が良く、弾力性のある肌触りが特徴です。

「アクリル」を詳しく見る
 
ナイロン
ナイロンは、合成繊維の一つです。

ナイロンは、薬品やカビ、害虫などに強い素材です。

また弾力性が強く、シワになりにくい特性を持っています。

そのため、ストッキングや水着やスポーツウェア、その他インテリア雑貨や小物など、幅広く使われています。

「ナイロン」を詳しく見る
 
ポリウレタン
ポリウレタンは、合成繊維の一つです。

ポリウレタンは、元々天然ゴムの代替品として発明されたため、伸縮性が非常に優れています

ポリウレタンに特殊加工を施し、艶や風合いを持たせたものが合成皮革や合成毛皮になります。

基本的にポリウレタン100%では使用されません。コットンやレーヨン、ポリエステルなど、ストレッチ性、伸縮性を高めるために他の何かの素材に混ぜて使用することが多いです。

そのため、様々な服のジャンルや、小物のケースなどに使われたりします

丈夫ではありますが、摩擦には弱いという特徴を持っており、更に2~3年ほどの年数が経過するとボロボロになって粉々になり落ちて来る場合があるので注意です。

洗濯すると縮むことも多いです。

デザインはいいけれど定期的に買い換えるアイテムを選ぶ際に参考に出来る素材です。

「ポリウレタン」を詳しく見る
 
ポリエステル
ポリエステルは、合成繊維の一つです。

一番洋服によく使われる素材です。

ポリエステルは、世界でもっとも多く生産されている化学繊維で、日本でも生産量のほぼ3分の1を占めています。

主原料はペットボトルと同じ原料から作られていて、コットン (綿)のような手触りがあります

本来のポリエステル素材は、ナイロンのようなツルっとした手触りがありますが、加工することで、天然繊維のような手触りにすることが可能です。

本来ポリエステルは染色性に劣っていましたが、染色の改良などにより現在は鮮やかな色にも染められるようになっています。

ポリエステルの最大の特徴は、様々な加工が出来ることです。

非常に使い勝手が良く、シャツやブラウス、スーツ、ワイシャツ、タオルや毛布など、幅広く使われています。

「ポリエステル」を詳しく見る
 
ポリプロピレン
ポリプロピレンは、合成繊維の一つです。

合成繊維の中で最も軽い素材です。

吸湿性・吸水性が全くなく、水に浮きます。

丈夫で汚れがつきにくく、保温性も高いです。

耐熱性や染色性が低いこと、肌触りが悪いこともあり、衣類ではたまに保温性を活かしたアイテムなどでポリプロピレンの表示は見ますが、他の素材と比べるとあまり使われていません。

丈夫な素材なので、ベルトやバッグのショルダー部分などにも使われたりします。

「ポリプロピレン」を詳しく見る
 

再生繊維

キュプラ
キュプラは、再生繊維の一つです。

キュプラは、綿花を取った後の茎の繊維から作った素材です。

シルクのような光沢を持ち、静電気が起きにくく、ツルツルとなめらかな触り心地があるなどの特徴があります。

そのため、コートやスーツなどの服の裏地、ブラウス、おしゃれ着に使われることが多いです。

「キュプラ」を詳しく見る
 
モダール
モダールは、再生繊維の一つです。

原料の100%が持続可能な方法で育てられるブナ木です。

素材としてはレーヨンに近く、レーヨンと同じく絹によく似ています

とても柔らかく、軽くて繊細でドレープ性や光沢感があります。

レーヨンは水濡れに弱いですが、モダールは水に濡れても強度が高いままです。

アイテムとしてはドレープ感を利用した薄手のものが多いです。

「モダール」を詳しく見る
 
レーヨン
レーヨンは、再生繊維の一つです。

木材の中のセルロースを使った素材で、染色性・吸湿性・吸水性は良いですが、水に弱く、縮みやすくシワになりやすいという特徴も持っています。

絹に似せて作られているため、絹のような光沢感やドレープ感があります

表面は滑らかで肌ざわりが良く、優美でエレガントな素材です。

鮮やかに発色する特徴もあります。

婦人服や下着、カーテンなどに使われることが多いです。

「レーヨン」を詳しく見る
 

半合成繊維

アセテート
アセテートは、半合成繊維の一つです。

アセテートは、シルクのような光沢感と柔らかさがあり、軽い質感の素材です。

シルクよりも安価のため、シルクの代替として利用されることもあります

アセテートは、木材パルプを原料としたセルロースに酢酸を化学的に結合した繊維になります。

熱を加えると変形しやすいですが、冷めると再び固くなる性質を持っています。

アセテートは裏地や特殊な衣類などに使われます。

「アセテート」を詳しく見る
 
トリアセテート
トリアセテートは、半合成繊維の一つです。

アセテートに作りは似ていますが、耐性をさらに向上させたものがトリアセテートです。

アセテートと同じく、木材パルプを原料としたセルロースに酢酸を化学的に結合した繊維になります。

化学物質である酢酸の含まれる量の違いによって、アセテートとトリアセテートに分けられます

特に耐熱性に強くなっており、摩擦による損傷を抑えることができます。

特徴自体はアセテートと同じく、シルクとウールを合わせたような特徴を持っています。

ほんのりとした落ち着いた光沢感があります

「トリアセテート」を詳しく見る
 

織り物と編み物


生地は編み物か織り物で作られてます。

織り物 (テキスタイル)

織り物は、布帛(ふはく)や、テキスタイルとも呼ばれます。
「布(ふ)」は植物性、「帛(はく)」は動物性を意味します。

ジャケット、コートなどになります。

平織り
経糸(たていと)と緯糸(よこいと)が一本ずつ交差して織られる生地です。

平織りで有名な生地は、
  • ブロード
  • シャンブレー
  • オックス
  • オーガンジー
  • ドビー
  • シーチング
などがあります。

綾織り
平織りが経糸・緯糸を1本ずつ交互に組み合わせて織るのに対し、綾織りは経糸と緯糸が交互ではなく、経糸何本かに対して緯糸1本の割合で織る方法です。

綾織りの生地は「ツイル」や「斜文織り」とも呼ばれます。

綾織りで有名な生地は
  • デニム
  • カツラギ
  • ツイード
  • ダンガリー
  • フランネル
などがあります。


繻子織り(しゅすおり)

繻子織りは、経糸・緯糸ともに5本ずつ以上で織られている生地です。

繻子織りの有名な生地は、サテンなどがあります。

編み物 (ニット)

編み物は、セーターやカーディガンなどがあります。

編んで作り出された生地はカットソーやニットと呼ばれます。

平編み
平編みは、縦糸と横糸が交互に交差するもっとも単純な製法で、表裏の生地が同じ織り方になります

ワッフル編み

リブ編み

※この記事は書きかけです